読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き活きことわざ ことばの力餅

ことわざは生きたことば。ポジティブなことばがイキイキした心をつくり、ポジティブな心が世界に一つだけの金メダルにつながります。ことばは心の力餅です。

のみがふんどししめなおしゆるふんのぞうに…

こころゆたかに ほのぼのことわざ

 

の息も天に上がる

 

大相撲九州場所鶴竜が優勝しました。

またまた残念な稀勢の里関でした。

日馬富士鶴竜白鵬の3横綱を豪快に破った稀勢の里

大相撲九州場所13日目、

大関稀勢の里は平幕栃ノ心の下手投げに屈し、

新入幕の石浦とともに3敗に後退しました。

 

NHK解説者は

蚤の心臓と称していました。

まさに、優勝を狙う仲間に入った途端に格下の平幕に敗れてしまいました。

栃ノ心はゆるふんで作戦で臨んだ。

稀勢の里の力をそぐ作戦がまんまと当り?

栃ノ心のふんどしはつかむとほどけ、

力が入らず?

敗けてしまいました。

優勝に関係ない時は

力を発揮!

優勝あらそいの文字が新聞に出て

本人の頭にちらつくと

なぜかなぜか

もろくなってしまう。

 

蚤の心臓に似たことばに

蚤の金玉があります。

心臓にしろ

金玉にしろ

蚤に違いはありません。

 

心技体

稀勢の里

技体は十分あり、

心だけが問題。

 

それにしても

栃ノ心のゆるふん

ひどいものでした。

大根の皮むきのように

ずるずるほどけてしまいました。

 

「蚤の息も天に上がる 」は

蚤のようなものでも、ひたすら努力すれば

どんなことでもなしとげることができるというたとえです。

 

心だけが蚤なんだから

五郎丸のように

メンタルトレーニングの専門家について心を鍛えれば

横綱になれる

かも。