読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生き活きことわざ ことばの力餅

ことわざは生きたことば。ポジティブなことばがイキイキした心をつくり、ポジティブな心が世界に一つだけの金メダルにつながります。ことばは心の力餅です。

春のうららのウナギです。春の土用はウナギ大切な資源じゃないんですか…

強く生きる のことば 

春の土用丑の日ウナギを食って

コンビニ・通販…

 

f:id:kanjitan:20170411124159j:plain

 

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain 春の土用丑の日は420日だそうですよ。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain ウナギは夏の土用に食べれば十分ですね

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain 夏バテ防止にウナギが効くよという、

平賀源内先生の広告コピーでウナギの売り上げ倍増倍増。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain 土用は春夏秋冬にそれぞれあるから年4回あるでしょう

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain 夏以外はウナギは不要。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain ウナギは不用。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain ウナギはうな重、うな丼。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain うな玉丼って知ってますかい。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain ウナギのかば焼きに卵を掛けたものですかい。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plainウナギを小さく切って、玉子でとじた丼ですたい。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain うな玉丼だってウナギの消費量を減らすわけでもありますまい。

有り余っていて困っているならいざ知らず、食べ過ぎて絶滅だ。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain 二ホンカワウソは毛皮を取り過ぎて絶滅してしまった。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain 改善されるまで禁食。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain 禁食だ。

ヤツメウナギを食べたらどうだい。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain ナマズやドジョウを食べたらどうだい。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain 食べ過ぎてウナギが絶滅したら化けて出るぞ。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain 廃棄放射能汚染物の化け物シンゴジラみたいに。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain ウナギの巨大化け物はウナラ。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain ウナラじゃ、迫力がないですよ。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain おならみたいですねえ。なぜでしょう。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain ゴジラガメラ、ギドラのように

   濁音が入っていると力強くなりますなあ。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain モスラはどうなんですかい。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain 例外どすなあ。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain じゃあ、ウギラはどうですたい。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain ウギラはいいんじゃないですたい。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain ウギラが東京湾から上陸なんて、現実味がありそうですね。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain まあ、コンビニや通販会社は夏以外の土用は

   ウナギ祭りはやめてほしいですたい。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain そうですたい。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain ウナギは大切な資源です。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain ウナギは大切なごちそうです。

f:id:kanjitan:20161212210218j:plain 永遠に食べられなくなるよりは。

f:id:kanjitan:20161212210259j:plain しばしの我慢で。